お子様の初めてのセレモニー 「お宮参り」って何?

お宮参り

赤ちゃんが生まれて初めてのセレモニーとなるお宮参り。ですが、「お宮参りって何をするの?」「準備するものは?」など、様々な疑問があることと思います。

今回は、そんな初めてのセレモニーを楽しく過ごすための「お宮参り」の準備についてご紹介いたします。

「お宮参り」ってなに?

赤ちゃんの初めての行事となる「お宮参り」とは、生まれた土地の産土神に子供の誕生を報告するとともに、健やかな成長することをお願いするという意味があります。

 

「お宮参り」に行くのはいつ頃?

桜

正式には、男の子は生後31日目女の子は生後32日目。と言われておりますが、だいたい一か月後を基準に、お子様とお母さまの体調を見ながら暖かい日を選ぶ場合が多いです。

赤ちゃんはまだまだ気温の変化に柔軟に対応できません。桜の時期や紅葉の時期など暑すぎず寒すぎない時期を選びましょう。

 

「お宮参り」の場所は?

三春大神宮

お宮参りとは住んでいる地域の土地神様に赤ちゃんが生まれた報告と健康をお願いするのが目的のため、住んでいる地域の神社にお参りするのが正式です。

しかし、最近では写真スタジオが近い神社や有名な神社。または、ご両親の家の近くなどになさる方も多いようです。

 

「お宮参り」の服装については次回ご紹介いたします。

 

 

お問い合せはかねい呉服店まで

かねい呉服店へのお問い合せはこちら。
お電話やメールでのお問い合せができます。

お電話でのお問い合せは営業時間内になります。
営業時間/午前7時30分〜午後7時30分 [日曜定休]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です